top of page
検索
  • 執筆者の写真丸山拓也

〇〇の賜物

お世話になっております。

丸山工務店の丸山拓也です。


地元のお祭りが近づいてくるとお囃子の練習をする音が聞こえてきて、夏の心地良い部分としてくれます。


今月は世良田祇園祭と木崎祇園祭が開催されまして、どちらも家族と行く予定です。


コロナ前以来のお祭りですので、また通常通りに家族とお祭りの思い出を作れるのが今から楽しみです。



本題であります、『〇〇の賜物』

"賜物"とは、


1.天や神からたまわったもの。いただいたもの。


2.他者から受けた恩恵。


3.よいことや試練などの結果与えられた成果。


まさにそんな賜物をいただいた日がありました。


今回の一連の流れ、多くの方に支えていただけて、そのおかげでたくさんの壁を乗り越えられました。


そんな出来事と結果を表現するにはぴったりの言葉だと思いました。


そうです。

丸山工務店が提供する"MARUな暮らし"でお約束している3本柱の一つ、気密性能を数値化して証明する気密測定を実施しました。


その新築工事前の計画段階の時から断熱気密工事のご指導をいただいていた野尻 雄一郎さんも立ち会いまして、私は朝から現場でソワソワ...。


最終チェックをしてその時を待ちますが、エラーの連発!



東の開口部から測定していましたが、

"風の影響"か

"気密が良過ぎて"

のどちらかが原因であるとの事で、心の中では"気密良過ぎて"であれ!!と願い、第2ラウンドとなる南開口部から再測定を始めます。



すると風が穏やかになり、"風の影響"でエラーになる事はないとなるといよいよ...。


測定中も最終チェックに最終チェックを重ねて(ソワソワしすぎて行動がおかしい)


ついにその時が来ました!

真っ先に歓喜!の前に頭が真っ白!

緊張状態が解かれた瞬間って長かったり強かったりするほど間が空きますね。


目標 C値0.3㎠/㎡以下

測定 C値0.1㎠/㎡

   n値1.15




妻、野尻さんと喜びを現場で共有できて嬉しかったです。


そして落ち着いてくると共に沸々と湧いてくる、ここまで支えていただいてきた先輩方、お仲間の方々への感謝の気持ち。


この素晴らしい結果を出せたのは自分の力だけではありません。


人と人との繋がりは無限大の可能性を生めると確信を持ちました。


この場をお借りして皆さんに心より感謝申し上げます。


これからはお施主様へ負担にならないように要所を抑えつつ、なるべく手早い施工をして工期の短縮に努めます。


掲げる目標値は変えず、安定して厳しい基準をクリアさせていくお約束をします。


今回のこの"賜物"はお施主様とも共有させていただきまして、濃い思い出、深い想い入れの一つとして、このお家に刻む事ができました。


人との関わりが多くなる程に化学反応のように物語が生まれて、一棟一棟を更に大切にしていけると思っています。


情報意見交換、助け合い、切磋琢磨、心のお付き合い

これが全てできる環境にいられることも

"賜物"です。


皆さん今後とも末永いお付き合いを宜しくお願いします!

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

笑顔

Comentários


bottom of page