top of page
検索
  • 執筆者の写真丸山瑞希

今に活きる

こんにちは。

丸山工務店の丸山瑞希です。




日曜日に久しぶりに高校時代の友人ふたりと食事をしてきました。




出会って17年程。


お互い結婚や出産、引越しがあっても1年に1回は会うような関係です。


17年前商業高校に通っていました。


主に電卓や簿記、情報処理などを学び、勉強と遊びの両立を楽しんで、今は使われてるのかわかりませんが、【華のJK】を満喫していました。笑


今では、私は経理担当でインボイス制度の導入や決算、年末調整でバタバタと追われる日々ですが、高校時代の勉強がかなり役に立っていることを実感します。


経理ソフトで自動計算ですが、数字が合わないとなると電卓でひたすら確認作業。


当時の知識も多くは頭から抜けておりますが、仕訳していくうちに思い出される簿記の内容。


懐かしい思い出と共に眠眠打破を飲みながら試験勉強した努力の積み重ねを思い出しました。


勉強とは何事も覚えることが基本ですが、簿記の勘定科目や貸方借方の仕訳など、まだ実務経験のないひっかけ問題対策、当時の私には本当に大変でした。


情報処理科だった私は、他の科より簿記の授業時間が少なく、どちらかというとプログラミングなどを専攻のはずでしたが、なぜか簿記の授業の方が楽しく、取得したい気持ちが強かったのを覚えています。


その努力が今の力になっており、二週間に一度の税理士さんとの打ち合わせについていけています。


担当の方とは、平日ほぼ毎日メールのやりとりをさせていただいて、まだお会いして一年も経っていないのに私の苦手な部分・得意な部分をわかってもらえているような感じです。


こちらの不明な点、本当に些細な気になる点についても親身に返答いただけるので、とても助けられています。


女性同士ということもあり、最近は打ち合わせ時話が反れることが増えてきた気がします。


楽しく打ち合わせさせていただいていて、よく聞くような事務経理作業は面倒くさい・地味で大変というイメージを変えさせてくれています。


作業は確かに、細かい作業でひとり黙々と座りっぱなしでひたすらPCと睨めっこな時間が多いので大変ですし、嫌だなあと思う時も正直あります。


ですが、その大変な部分を共有し、作業中のあるあるな話をできるのは、気持ちの余裕ができ、共に力を合わせて完了できた時の喜びはとても気持ち良いです。


日々コツコツと積み上げてきたものが、AIに認識してもらい、ここ最近では作業効率がUPしました。


これも担当さんをはじめ事務所の皆さんのサポートのおかげです。


それと先日、担当さんが全く違う業種からずっとこの仕事がやりたかったという興味深い話を聞きました。


担当さんの自宅は県外で、多数の税理士事務所を面接され内定をもらっていたが、毎日約一時間の通勤時間がかかる太田市の税理士事務所に就職されたのか。


それは事務所内の雰囲気や所長さんの人柄、働く方達をみて決められたそうで.

やはり通勤一時間という面では、悩んでしまうポイントだったようですが、それを上回る働く環境を重視されたようです。


そのお話を聞いて、私も丸山工務店に協力してくださる関係者様として、今の税理士事務所の皆さんにお願いして本当に良かったなと思いました。


まだまだ経理に関しても知識不足なことばかりですが、毎日少しづつの積み重ねをしていきたいと思います。


少し話がずれてしまいましたが、その時は未来に繋がると思っていなかったことが、何十年後かに役に立ち、感謝する機会が最近多く感じています。


このことを忘れずに今できることもすぐ結果に繋がらなくとも、全力でやっていきたいと思った日でした。





最後に、友人と地元の産業祭に行ったのですが、寒すぎて屋台で買ったモツ焼きの冷めるスピードが速く、ゆっくり食べてたら油が白くなっちゃったということが起こりました!笑

次からはしゃべらず、美味しいうちに早く食べよう…





最後までお読みいただき、ありがとうございました。

来週もよろしくお願い致します。







閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

笑顔

Comments


bottom of page