top of page
検索
  • 執筆者の写真丸山拓也

梅雨が明けて

お世話になっております。

丸山工務店 丸山拓也です。


今週関東も梅雨が明けていよいよ夏本番になりましたね。


梅雨入り中も最高気温39℃を連日記録する日があり、体が暑さに順応する前から容赦なく危険な高温多湿日が始まった今年の梅雨。


というか年々同じようで恒例になりつつあるこの流れ。


梅雨入り、梅雨明けは例年と比べて数日程度の違いで、地球温暖化の影響はさほど受けていないようです。(諸説あるようではっきりしていないそうです。)


ゲリラ豪雨の他に線状降水帯が発生しやすくなり、

長雨による河川の氾濫から自分たちもいつ水害に遭ってもおかしくない状況です。


先日埼玉県で屋根が飛ばされる程の突風が起きたように、時に台風に匹敵する夕立もあります。


年々深刻化していく空き家問題に拍車をかけないように、これから建てられていくお家は長寿命の尊い家でなけらばならないと考えています。


高い性能を持ち少ないエネルギーで豊かに生活でき、

その日常と大切な家族を大地震と大風から守り抜ける構造。


そしてそのお家が建つ土地はハザードマップでリスクの低いエリアであるべきだと考えています。


歯止めの効かない温暖化による平均気温の上昇

その影響からくる異常気象

電気代の大幅な値上がり


自然を相手取る事もあるので、全てを完璧にクリアするとは言い切れませんが、これまで述べた全てを考慮した今の時代に合った家づくりを提案し続けて、賛同していただけるお施主様方と深い信頼関係を築いていきます。


事情を知れば知るほどに、この仕事に携わる人間としての使命感が増していきます。


まだまだ情報の深堀りをする必要があり、経験が浅い所もありますが、貫き続ける事で見えてくる、生まれてくるモノがあると信じています。


熱苦しい、どうかしてると感じられる事を気にしていては牛歩牛歩。


目標には遠く及びません。


大きな問題に小さな所から行動を起こしていくための一歩は大きなものでなければなりません。


知らなかった自分から知ってしまった自分へ。


いつの間にか無心となって走り出していました。


この先どんな道を辿っていくのか、そもそも道は自分で作っていくようなものですね。


それを思うとワクワクしかありません。


そのワクワクしていられる今の立場、環境がある事にとても感謝しております。


本当にいつもいつもありがとうございます。


これからも一緒にワクワクしていけたらとても嬉しいです。


今後とも宜しくお願いします。






閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

笑顔

Comments


bottom of page