top of page
検索
  • 執筆者の写真丸山瑞希

プレゼント

こんにちは。

丸山工務店の丸山瑞希です。




気づけば8月も残り1日ですね。

時間が過ぎるのが年々早く感じます。


来月は息子の誕生日があり、『プレゼント何が欲しい?』の問いに『キング王ジャーの剣!』と三か月前ぐらいからブレずに決まっています。



親的には、剣なんて与えてしまったら斬られるサマが容易に浮かびます。


プレゼントした日から、毎日毎日斬られてやられる演技をしなくてはいけないのか。。。


つらいです。笑


とりあえず先のことは考えず、おもちゃ屋に連れていき、好きなの選ばせようと思っています。

もしかしたら違うのになるかも!?


この間たまたまインスタグラムに出てきた投稿で、子供が親と遊んでくれるのなんて10歳くらいまでとありました。

納得です。


もうすぐ8歳の娘も、最近お買い物や息子のお迎えに付いてきてくれなくなり、友達との遊びに『ママいなくてもいいから!』と言われます。


成長を感じるも寂しさもあり。。。


いくら斬られようとも、『遊んで!』と言われる今を大切にしていこう。と思ったので、やっぱり剣は買ってあげようと思います。





先週末、私の父の還暦祝いで食事に行きました。



父がフカヒレが食べたいとの希望で、太田で有名な【中華料理 賓館】へ。



私もこの見た目のフカヒレは初めて食べました。

名前の通りの姿煮でした^^



中華料理なのでいろいろと注文し、みんなでシェア。


いろんな料理をちょっとづつはとても嬉しい。


チャーハンにフカヒレを合わせて、フカヒレチャーハンにアレンジが美味でした。




店名が付いている【ひんかんめん】が気になって食べましたが、大好きな細麺に濃いめのスープで美味しかったです!また食べたい。。。




父へのプレゼントには、PORTERのコインケースを渡しました。


黒を茶ですごく悩みました。

私は革の質感だったりで茶にしようかと思っていましたが、店員さんと主人は黒推しだったので、黒に。


60歳、男性、好み、がわからな過ぎて、ここはプロの店員さんに最初から丸投げでした。



元販売員の私からするとそれがベスト。

ただ気持ちは込めて選びました^^

娘からの手紙も一緒に。




父は、ずっと同じ会社で朝早くから働いてきました。


定年を迎えた今でも延長希望をし、会社に行っています。


海外出張や転勤もあり、母も父も大変な日々もあったと思います。


同じことをずっと続けるというのも私には尊敬するところです。


そんな父は、私のやりたいことをやりなさい。と進路にはあまり口を出さなかったことを思い出します。おかげで今の私があります。


自分も親になり、親のありがたみが身に染みて感じている今、父にはこれからも元気で長生きしてほしい。


健康でいてほしいと思います。

親孝行しなくては!!


これからさらに年齢を重ね、高齢になる親の健康のために私ができることは、やはり居心地の良い住まいにしてあげること。


今のような暑い日々をいかに快適に過ごせるようにするか。


冬のヒートショックリスク軽減のためにできること。


【住まい=健康】をさらに考えていきたいと思います。


家づくりに携わる仕事をしていて、【住まい】という身近な言葉を自分なりに考えます。


私の中の住まいとは。


今回、父の還暦という節目を機会にいろいろと思うことがありました。


私がつくりたい住まいは、丸山工務店【MARUな暮らし。】に込めた想いそのままでもあります。


子供から大人に成長するにあたって思い返す家族の思い出とは、いい事も悪い事も家(住まい)での出来事が多く感じました。


家族旅行でどこかに行ったことよりも先に、リビングでの団らん風景、中学まではカウンターで朝ご飯食べてたけど今は父の物置になってることや自分の部屋で爆音で音楽を聴いてるとうるさいと父に怒られたこと。など。


人それぞれ育った環境や考えがありますが、生きていくのに住まいはとても重要で、些細なコミュニケーションが今のこの気持ちを生んでいたり、私には家づくりに対する気持ちの基盤になっているように思いました。


住まいで心が育まれる。子供はもちろん、大人でもそれを実感する機会となりました。




最後までお読みいただき、ありがとうございました。

また来週もよろしくお願いします!


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

笑顔

Comments


bottom of page